リビングダイニング

オシャレにこだわりを持つ人に!人気の輸入住宅がオススメ!

WHAT'S NEW

輸入住宅の特徴について

多くの方がマイホーム購入を夢見ていらっしゃるかと思われます。住宅購入者の中には豪華絢爛で華やかなスタイルとなっている輸入住宅購入を検討されている方がおられるかと思われます。そんな輸入住宅の特徴について掲載していきます。
まず輸入住宅の多くは北米や北欧等の温かい土地から輸入される事がなっています。その為断熱性がより優れた物となっているので猛暑になりやすい地域にはピッタリな構造となっています。しかし北米地方においては洗濯物を外に干す習慣がある為、ベタンダが付いていない事が多くあります。日本においては梅雨の時期がある為、ベランダが必要不可欠となってぅるので購入前の確認は必ず行う事が重要となってきます。
次にメンテナスが意外と手間になってしまう点です。輸入住宅にはその国ならではの素材を使用し建設されている物がほとんどとなっています。耐震性や強度が強い事が輸入住宅の強みとなっていますが、いつかは補修やリフォームが必要な時期が訪れてしまいます。
そんな時使用される素材は輸入元から手配しなければならなくなってしまいます。その為補修費用も高額なものになってしまいます。さらに補修出来る業者探しも大変になってきます。輸入住宅を扱った経験がある業者であればすぐに対応可能となってきますが、構造そのものが日本の物と異なる為、業者にとっても知識や技術が必要となってくるのです。輸入住宅にはさまざまな特徴があるのです。

輸入住宅って一体何?特徴って何?

「どんなものが輸入住宅か?」といったような問いに対して、今現在輸入住宅について明確な定義がなされていないので、ハッキリとは言えないのが現状です。広義の意味合いでは、外国で考えら設計された住宅のことで、そして家を建てる資材にしても基本的には輸入品を使っている場合がほとんどです。
けれども、外国で考えられた設計図をもとに、施主の要望を取り入れて設計図を作り替えたり、国産の資材を用いたりするケースも多いものですから、「こうでないと輸入住宅ではない!」と、断定することはできないでしょう。しかしながら、輸入住宅を取り扱っている会社が、どのようなアレンジを加えようが、大きくイメージが崩れることはありませんから、やはりそこが輸入住宅における確固たる魅力だと言えるでしょう。
輸入住宅とは言っていても、ほぼ全ての設備は日本メーカーの入れているところが多いですし、資材を除いては大体日本の会社のものを使っているところが本当に多いものなのです。キッチンは外国製のものが用いられているケースもありますが、設備に至るまで外国製のものを採用している住宅は、かえって珍しいほどですから。
しかしながら一見しただけで、「これ輸入住宅でしょ!」とわかる要因はやはりデザインにあるでしょうね。各国によって住宅デザインに特徴が出ていますし、アレンジを加えても大枠のイメージが崩れることがないデザインは、やはり輸入住宅の魅力でしょう。

輸入住宅人気は気密性?やはりデザイン?

「輸入住宅」と、言えば、やはり私の周りは北欧系の住宅が人気ですね。住んでいる場所が北の方の県だということもあるのですが、スウェーデンに代表されるような、同じく北国の住宅は人気です。
もちろん高断熱高機密住宅ということで、機能面においても住宅としての人気はとても高いものだと言えるでしょう。輸入住宅の中でも、北国向きの高断熱高機密住宅はお値段がやや高い〜といった傾向はあるのですが、しかしそれでも多少無理をしてでも、北国の輸入住宅を選んで建てる人も多いのですよね。
それに輸入住宅といっても、建売の住宅中心ではなく、既存の設計図はあるものの施主の意向に沿って修正を行ってくれる会社も多いですから、その点においても人気であると言えるでしょう。建設を請け負うのは日本の工務店となりますので、造作家具などの要望も場合によっては聞き入れてもらえますし。
そしてもちろん、輸入住宅において忘れてはならない要素があります。それは「デザイン」です。気密性だなんだと、なんだかんだと言っても、結局は「どこそこの輸入住宅のデザインが好きで〜」といったところが、輸入住宅に決める大きめ決め手となったりするのですよね。やはり外観もそうなのですが、輸入住宅の場合ですとデザインに特徴が良く出ますので。そしてそこがそれぞれの輸入住宅の人気の理由となっているのでしょう。

輸入住宅とは?メリットデメリット

輸入住宅は、1番は外観や内観も含め、デザインが日本には無い輸入住宅特有のおしゃれな雰囲気と、可愛らしい雰囲気が特徴です。外観や内観が素敵だからと輸入住宅に惹かれる人もいるのではないでしょうか?輸入住宅の良さは、その造りの美しさだと思います。輸入住宅の種類には、様々ありますが、女性に1番人気なのが地中海地方の家を再現したプロバンス風の輸入住宅です。プロバンス風は、ここ最近もっとも支持されている輸入住宅と言えます。
その他には、重厚感が特徴的なアメリカン・スタイルや、こちらもプロバンス風と同様に人気があるスウェーデン・スタイルなどがあります。輸入住宅は、日本人の憧れだと思います。メリットは、デザインだけでなく、耐火性、耐震性、耐久性、高気密などがあげられ、地震大国の日本では、需要が高まるばかりです。
輸入住宅のデメリットと言えば、海外製品を使って造られていますので、修理に時間がかかります。なかなか部品が手に入らなかったり、直せる大工さんも限られたりします。あとは、高気密な為に、通気性が悪くてカビが生えてしまったり湿気っぽい部屋になってしまったりする場合もあります。海外の間取りなために、日本で売っている既製品のカーペットが合わない場合もあります。これらを考えてから輸入住宅を選びましょう。
お洒落な家具

RECENT ENTRY

輸入住宅にはこだわりたい

ベッド

輸入住宅と聞くだけで、オシャレなかんじがしてしまいます。輸入住宅でしか出せない雰囲気もありますし、きっと普通の家が並んでいるところに輸入住宅が建っていたら、オシャレという意味でとても目立つことで…

輸入住宅はオシャレに見えるので憧れです

広い部屋

現在の我が家を建てる時に、私は輸入住宅がいいなと思っていました。でも不動産の仕事をしている父が知人の大工さんに家を建ててもらうと言って結局一般的な住宅になりました。私は子供の頃から外国の…

水回りだけは国内メーカーがオススメ

室内の様子

人気の輸入住宅ですが、いまどきはたくさんのメーカー各社が競って輸入住宅商品を揃えています。おおきなハウスメーカーは安心感があり、信頼できるものですが、値段的に必ずしもお得とはいえないものです。あ…